ブログ - 最新エントリー

岡山禅会5月定例行事案内

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2016/4/28 15:22
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (197)

久しぶり

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2016/4/28 13:44
道場で作務をしていた成年が久しぶりに訪ねて来ました。
ぎちん 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (197)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (214)

人間禅 岡山禅会5月参禅会!

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2016/4/21 17:19
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (193)

新学期

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2016/4/13 8:30
新学期を迎えたキャンパスでは、学生同士が会話を楽しんでいる。自身を振り返ると学生時代・青春時代は先がわからず、その日さえよければで過ごしていた。
学生と接するたびに道場へ来れば視野も拡がり、行動力も身に付くはずだが・・・・と思いつつ、学生は家庭の経済事情を考えてアルバイトに時間を割いている。
今は楽しく順風万風であってもいつかは壁に突き当たる。若い内から師に付いておけばよかったと振り返るときが必ず訪れるのではないだろうか。
先日、院生時代のメンバーが30数年ぶりに訪れて来た。修了してから何度も壁に突き当たりクリアしてきたようだが、年齢がかさむと、その壁はさらに高くなるように思った。

※いつも新入生の気持ちで頑張っている毎日です。
ぎちん 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (237)

郷原漆器講演会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2016/3/8 22:12

講師 高山雅之氏






2月25日から28日に岡山道場にて第8回参禅会が行われました。27日には郷原漆器生産振興会会長高山雅之氏にご講演していただきました。(郷原漆器については前回、前々回のブログをご覧ください)。
興味深かったのは高山氏が60歳を過ぎてこの復興に取り組まれたことです。現在89歳、まだまだかくしゃくとしたお姿から情熱には年齢は無関係であると気づかされたような気がします。

                                                          大船 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (230)

禅と漆芸の共通点②

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2016/1/13 13:38
義琛です!

昨日からの続きです!

そんな郷原漆器は、大山道を往来する人々に買い求められ、やがて米子・松江・出雲へと販路が伸びていきましたが、残念なことに昭和10年代の戦乱により若者が戦地へ赴き、人出不足と漆の入手困難に陥り生産は衰退し、一次途絶えました。

やがて世の中が落ち着くにつれ、日本文化のシンボルでもあった漆の良さが次第に見直され、「郷原漆器」復興を望む声が高まり、平成元年から岡山県郷土文化財団の指導のもとに、地元有志によって復興への取り組みが始められ、次第に生産に従事する人が増えてきました。



岡山県郷土文化財団参与の高山雅之氏(当時60歳)は、昭和60年に知事室に呼ばれて、「郷原漆器を知っているか」と問われたそうです。
この時に知事から、『何とか郷原漆器を復活できないものか』と、言われたことが復活の始まりであったようです。

岡山県財団事務局長当時の高山氏は、郷原漆器に関する聴き取り調査並びに旧郷原漆器集めに鳥取・倉吉・米子・松江・出雲へと足を運び、復興の礎を確立しました。

そして平成18年には岡山県初の「岡山県指定重要無形民俗文化財」に指定されました。

また、平成21年には真庭市から「真庭ブランド」に認定されました。高山氏はじめ蒜山地域の方々による心の澄みきった道心が垣間見られました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (255)

禅と漆芸の共通点①

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2016/1/12 15:58
義琛です!

禅の世界には、数息観という根本からの心身の調整をはかる修養法があります。
禅者は静座をして吸う息・吐く息を乱さず自己の息を見つめ三昧力を身につけています。
だが数息観は禅者のみのものではありません。運動選手も匠の方々も一定した吸う息・吐く息に一寸の狂いもなく心を乱さず物事に取り組み成し遂げています。
この世界は職人さんの世界でもよく言われることだということです。

そんな「呼吸つながり」で今回ご縁をいただき、郷原漆器生産振興会会長 高山雅之氏に岡山禅会第8回参禅会のご講演を頂くことになりました。
そこで、郷原漆器について少し触れさせて頂きます。

岡山県真庭市に名高い地域として知られている蒜山高原に郷原集落(以下:郷原)があります。郷原に明徳年間(1390~1394)から漆器が始まったと伝えられています。

生木のクリ材を輪切りにし年輪を中心に轆轤(ろくろ)で木地を挽いて乾燥させ、黒や朱の「備中漆」を塗って拭き取る技法です。轆轤を挽く・漆を塗るという作業は吸う息・吐く息を乱すことなく、更に雑念を交えず無心の境地で臨まなくてはなりません。
我々の禅者と同じ精神状態であることには違いはありません。(次回に続く)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (231)

お隣へ お茶を飲みに!

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2015/11/29 10:42
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (282)

奇跡のみかん

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2015/11/24 12:44
岡山禅会の義琛(ぎちん)です!

南国土佐と宇和島の温州みかん。
それが岡山の地で育つことはないと思いながらも、
土佐山北のみかんが植樹から8年、宇和島のみかんが植樹から4年で、なんと実をつけました!
ダメでもともとと言いながらも、懸命に世話をした結果です。

(宇和島みかん)

(土佐山北みかん)

私はこれを岡山禅会の「奇跡のみかん」と名付けました。
もし、お近くにお立ち寄りの際は、この「季節のみかん」を愛でてやってください。

岡山道場の地図はこちら⇒https://www.google.co.jp/maps/place/%E4%BA%BA%E9%96%93%E7%A6%85%E6%95%99%E5%9B%A3/@34.6491955,133.9240757,13.29z/data=!4m2!3m1!1s0x355408937bb7c6ef:0xe3c666fe9ef1590b
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (291)

ラガーマンの決断

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2015/11/10 16:27
ラグビーの母国・イングランドでワールドカップラグビーが開催され、我がオールジャパンはエディジョーンズHCの手腕と選手間のコミュニケーションが最高度に発揮され、南アフリカを破り3勝1敗の成績を残した。日本の驚くほどの躍進で特にイギリス4ヶ国(アイルランド・イングランド・スコットランド・ウェールズ)、豪州、ニュージーランド、南アフリカの強豪国は驚いた。
小生の脳裏から忘れることができない選手をここで紹介します。第2回ワールドカップに於いて(開催国・イングランド)、世界No1ともいわれ、2連覇達成目指していたニュージーランド・オールブラックスがオーストラリア・ワラビーズに準決勝で歴史的敗北を喫した。
この準決勝は日曜日であったため、ニュージーランド・オールブラックスの主要選手マイケル・ジョーンズ(クリスチャン)が日曜礼拝に出掛け準決勝を欠場した。マイケル・ジョーンズは日曜礼拝には必ず教会に行き、教会で礼拝を欠かさずお祈りをする選手であった。彼が礼拝に出掛けることを他の選手は誰も引き留めなかった。むしろ、教会での祈りを奨励したと・・・・
ニュージーランド・オールブラックスが敗戦した後、誰も彼を咎めなかった。
後日、マイケル・ジョーンズが出場していれば決勝進出そして優勝していただろうと報道された。
神への祈りを捧げる信念あるラガーマンを今でも忘れることができない。


田中 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (263)

第6回 岡山参禅会 句会作品

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2015/10/15 22:11
第6回岡山参禅会内で行われました句会の作品を一挙公開です。小学校3年生から92歳までの老若男女が晩夏の道場でひとひねりした句の一群です。


手すりよじ 秋のお茶席 道友 若し        無名
 雑草という草はなし 秋の山            葆光庵春潭老師 
やぶの中 秋蚊にまみれ 作務楽し        関西支部 坂本法澄 
蝉哀し 樹の間隠れの 庵見て           関西支部 木戸開善 
久しくも 峠の道や 秋近く              関西支部 木戸開善  
 「風呂場まで」の句碑ある坂や 秋深し      葆光庵春潭老師 
秋晴るる 間伐減りて 庭広し             岡山禅会 河本祖舟 
迎えたり 全山挙げて 蝉しぐれ           葆光庵春潭老師 
秋草の 床の草々 名を識らず            無名 
旅疲れ 五右衛門風呂に 萩の花          葆光庵春潭老師

早朝に 賑わい運ぶ 桃の市            岡山禅会 大竹高天 
参禅の ころばず走れ 秋の雨           広島禅会 小畠光禅 
目の前を 過ぎゆく 路鳥の 白露かな      名古屋禅会 三浦光海 
天候不順の 夏も過ぎ行く 九月かな       広島禅会 小畠光禅 
台風に 桜の老木 横倒し              名古屋禅会 高田玄徳 
石碑を見 つわぶき色の あでやかさ       無名 
夜になり はげし鳴き出す 虫の声         名古屋禅会 高田玄徳 
暑かりし 日々も終わりし 秋の風         名古屋禅会 高田玄徳 
虫の音に 押されて参禅 坂登る          葆光庵春潭老師 
鈴虫を 息合わせゐて 露けしや          竜穏庵光蓮老師 
春雨の 句碑に秋風 立ちにけり          竜穏庵光蓮老師 
朝またぎ 空晴れ半月 中天に           岡山禅会 河本祖舟 
谷深し 細う啼き継ぐ 法師蝉           岡山禅会 河本祖舟

年老いし 母と親しむ ガマガエル          岡山禅会 田中義琛                            家族の一員 留守を預かる ガマガエル      岡山禅会 田中義琛                         歯磨きや 裸電球 虫しぐれ           名古屋禅会 三浦光海                           
 昼食の 貴き合掌 秋深し            一般 吉岡純子                               あついから クーラーきかせて 冬もどり     一般 柳 日香莉                                                  
樫巨木 倒して深し 秋の空           竜穏庵光蓮老師                             開枕の 板木に添うや チンチロリン       竜穏庵光蓮老師                        五十七歩の 句碑に立ちけり 秋の風       竜穏庵光蓮老師                      
新しき 掲揚台や 高き天             広島禅会 小畠光禅
朝の膳 窓の縁陰 風の色             名古屋禅会 三浦光海

花は問う 命の限り 生きてるか          一般 南 佳子
 わが心 迷い迷いて花吹雪            一般 南 佳子
 おのこなる 我の創りし 畑なり          一般 南 佳子
 父母の 送りてこし 秋のさば           名古屋禅会 松林慈恩
 ガマガエル 家に宿れる 主人公         岡山禅会 田中義琛
 台風の 足跡のような 雨漏れか         岡山禅会 岸 大船
 残り蚊や かきむしる手も おとなしく       岡山禅会 岸 大船
 道場や つくつく法師に 迎えられ         一般 吉岡純子
 道場の 人らさわやか 水澄めり          一般 吉岡純子 
みんな来て 日差しの延びる 山の秋       一般 吉岡純子
 里山の秋 にわかきこりが ご活躍        岡山禅会 田中義琛
 夏休み 師にだまされ 座禅する         岡山禅会 田中義琛   

花さえも 離れがたきを 惜しみおり        一般 南 佳子                       
 夏の雲 山より出でし 見解(けんげ)かな    広島禅会 柳 心眼                          ケースでね ハムちゃんデろんと のびている  一般 柳 日香莉                                           
 わら屋根に 棕櫚(しゅろ)の木ありて 数寄者かな   一般 南 佳子
 約束を たがえず 集う 秋の宵         名古屋禅会 松林慈恩
               




             

熟年世代を生きる!

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2015/10/7 21:01
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (253)

「義とは何か?」

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2015/9/27 20:38


去る9月3日から6日にかけて第6回岡山参禅会が行われました。
5日は衆議院議員の山下たかし氏をお招きして「義とは何か?」というテーマで講演をしていただけました。
山下議員からは義の観念が諸外国と日本との相違と共通点、外交を行う上ではそれをきちんと見極めてしないといけないこと、自分の行動規範として「義」を貫いた結果、官僚を辞めて政治家になったいきさつなど予定時刻を超えてお話しくださいました。禅ではそのものになりきったことを三昧と言いますが、義を語る時の山下議員の力強い眼差し、熱い口調、予定時刻を超えても「あと2分で終わりますから」「あと1分で終わりますから」と言いながら30分近くお話になる勢いは完全に三昧状態になっていたとお見受けしました。今の日本にもこんな熱い政治家がいたのか。
ちなみに山下議員、高校時代、夜座禅を少しされていたことがあったみたいです。客席にいた先輩居士からは「先生、座禅は朝しないと続かないよ!」と声をかけられて、苦笑いされていました。
                                    大船記


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (255)

岡山道場の秋

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2015/9/25 8:23
当道場の周りには、クヌギ・楢の大木ばかり、間断なくドングリの実が「ボタン・ボタン」と大きな音をたてて屋根に落ちています。一つ一つ拾い集めて、森林の空間に播種して芽が出、大木に育てています。道場で秋を一緒に探しましょう。
田中 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (248)

熟年世代を生きる

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2015/9/23 16:55
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (237)

四季の歌

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2015/9/15 17:41
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (238)

熟年世代を生きる!

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2015/9/12 17:10
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (240)

足が組めない方へ

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2015/8/31 11:36
静座をしてご飯を食べる習慣が無くなった今日、静座をすることに抵抗があり、「座禅はきつい・足が痛い」というイメージをもっていることでしょう。
当道場は、足が組めない方でも、座禅はできます。足が痛くない方法があります。例えば「座禅椅子」を使って、座禅ができます。・・・・・・ゆっくりと静かに呼吸ができます。
一日の中で数時間でも、世相に流されない世界を発見してみましょう。
田中ぎちん 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (266)

この夏の暑さよ!

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
山陽座禅会 2015/8/20 16:07
この夏の暑さよ!
 
この暑さ わが身一つを もてあます
テレビ体操 第一第二に 老の汗
二六二字 暗写申して 夏安吾
霧深し 緋盆の太陽 真向に
怨念や 七十年目の 敗戦忌
 
     平成二十七年 夏           河本祖舟
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (255)